始めるには何が必要?FXのメリットチャートの見方FXの仕組み

FXチャートの見方


FXを始める時、まずは基本的なことであるFXチャートの見方を覚えなければなりません。
FXチャートに使用されているのは、ほとんどがローソク足です。
ローソク足を見れるようになれば、FXチャートを見れるようになるということなので、ここではローソク足の見方を説明していきたいと思います。

●FXチャートの見方

ローソク足というのは、縦長の長方形に上下の線が生えているような形をしています。
ローソク足は1本で定められた期間にどのように値動きをしたのかを表しており、一目見ただけもすぐに値動きが分かるようになっています。
定められた期間というのは、そのチャートによっても異なっており、5分、1時間、1日、1週間、1月というように様々なので、チャートを見る前には必ず確認しておかなければなりません。

ローソク足の種類は主に2つの種類があり、白色と塗りつぶされているものがあります。
白色のローソク足はその期間中に値上がりしたことを表しており、塗りつぶされているローソク足はその期間中に値下がりしたことを表しています。
この色によって、長方形の部分で表していることが異なります。
白色のローソク足でしたら上が終値で下が始値、塗りつぶされているローソク足はその逆で、上が始値で下が終値となっています。

上下に生えている線はヒゲと言われており、上に生えているヒゲは高値、下に生えているヒゲは安値を表しています。
ローソク足はたった一つでも、終値と始値、高値と安値だけでなくその期間中に値上がりしたのか値下がりをしたのかも表現しています。

チャートでは、ローソク足がいくつか並んでいるトレンドというものがあり、流れを読むことによって利益を出しやすくなります。
始めのうちは難しいのですが、どのように変動しているのかを何度も見ることで、少しずつどのように動いていくのかを少しずつ推測できるようになります。

ちなみに、チャートは右肩上がりだと上昇トレンド、下がっていると下降トレンドと言います。