始めるには何が必要?FXのメリットチャートの見方FXの仕組み

FXの税金対策にはどんな方法がある?


せっかく自分が努力してFXで利益を伸ばしたとしても、税金として支払わなければならないというのは、何となく嫌な気持ちになる方も多いのではないでしょうか。
中には、「税金なんだから仕方ない」と考えている方もいるかもしれませんし、納税していなければ違法行為として起訴されるケースもあります。
とは言え、できることなら少しでも税金を少なくしたいと考えてしまいますよね。
そこで、税金対策としてどのような方法があるのか紹介していきたいと思います。

●FXの税金対策のやり方

・20万円以下に抑える
これは人によっては難しいかもしれませんが、利益を20万円以下に抑えることができれば、税金を支払う必要がありません。
1年間の間に20万円以下に抑えられるように、細かく計算して微調整する方もいます。
これは、FX取引だけでの利益だからこそできることです。
副業でFXをしているというのでしたら、あまり利益が大きくなりすぎるのを防ぐことが、結果的に税金対策に繋がりますので、ぜひ意識しながら取引をしてみてください。

・勉強のためにお金を使う
FXの確定申告をする時、必要経費として申告できることが多くあります。
参考書の購入費、セミナーなどの参加費や交通費、パソコン購入費など、FXで利益を伸ばすために使った費用でしたら、必要経費として計算され、その分を差し引いて確定申告とすることができます。
例えば、FXでの利益が50万円だったとしても、セミナーやパソコン購入費、参考書を購入する費用などに30万円以上当てていたのであれば、税金を支払う必要が無くなります。
また、20万円以下に調整しなかったとしても、必要経費にお金を使ったことを証明することで、税金を節約することができるのです。

もちろん、そのために使ったという領収書や記録などがなければ、申告できませんので、絶対になくさないように管理してください。

税金対策のやり方でも、やり方によって違法行為ではなく、正しく税金対策ができますので、ぜひ挑戦してみることをお勧めします。