始めるには何が必要?FXのメリットチャートの見方FXの仕組み

FXのスワップポイントとは


FXの取引をする時、売買による差額で利益を出そうとする方も多いのですが、それ以外にも利益を出す方法があります。
それがスワップポイントです。
スワップポイントと言われても、あまりイメージできないと思いますので、スワップポイントがどのようなものなのか説明していきましょう。

●スワップポイントとは

スワップポイントとは、金利差のことを言います。
米ドル/日本円との間に金利差があると、その差の分だけ金利を受け取ることができます。
計算の仕方としては、日本の金利が1.00%で、米ドルが5.00%の金利だった場合、日本円で米ドルを買うと、その差である4%の利益を受け取ることができます。
スワップポイントは毎日受け取ることができますので、大きな金額で取引をしている時、金利も大きければ結果的に大きな利益を出すことにも繋がります。
金利で稼ぐとなると、それなりの予算が必要になりますが、通貨ペアによっては大きな金利が期待できることに加え、リスクもそれほど大きくないと言う特徴があります。

特に、日本の金利は非常に低くなっているため、他の国との通貨ペアを利用すれば、大きな金利を期待できるようになります。
ただ、注意しなければならないのは、逆になると損失になると言うことです。
つまり、上記のケースで米ドルで日本円を買ってしまうと、マイナス4%になってしまいます。
マイナスになると、持ち続けるほど損失が大きくなってしまいますので、早い段階で損切りをしておく必要があります。
ちなみに、レバレッジを利用すれば低予算でも大きな利益を得られるようになります。

●レバレッジで大きな利益を得る

スワップポイントは金利が高いとしても、それほど大きな金額にならないということから、あまり魅力を感じない方もいます。
そんな方にお勧めなのがレバレッジです。
レバレッジでは元金の最大25倍で取引できますので、予算が10万円だったとしても250万円分の取引ができ、スワップポイントでも大きな利益を期待できます。
ただ、それだけリスクも大きいので、十分に注意して利用しましょう。