始めるには何が必要?FXのメリットチャートの見方FXの仕組み

FXの損きりとは


FXでは、利益を出すことはもちろん大切なのですが、全ての取引で利益を出し続けるというのは、ほとんど不可能と言えます。
ですから、利益を出すことと同じ、もしくはそれ以上に大切なことと言われているのは、損きりです。
では、その損きりとはどのような物なのか紹介していきたいと思います。

●FXの損きりとは

損きりとは、簡単に説明すると損失が大きくなる前に決済をする方法です。
ある程度損失が大きくなったとしても、人によってはこれからレートが上昇して少しでも損失が少なくなるかもしれないと、考える方もいるかもしれません。
ですが、早めに見極めて決済することで、結果的に損失を減らすことができるのです。
早い段階で見極めるというと、良くないイメージを持ってしまうかもしれませんが、損失を少なく抑えることによって、利益を出した時にプラス収支にちかづけることができます。

仮に、損きりができていなくて、大きな損失を出してしまった場合には、今後ある程度利益を出せたとしても、マイナス分を回収するために時間がかかってしまいます。
損きりを上手くできないと、頻繁にマイナス分が大きくなってしまい、どんどん損失だけが膨らんでしまう・・・という場合も考えられます。
とは言え、損きりをするのはそれほどん簡単なことではありません。
きっとこれから上がってくるはず!と期待して、なかなか手放せない方も少なくありません。

●損きりは早めに行う

損きりをする時に大切なのは、早めに決断することです。
もう少し上がってから・・・、これから上がるはず!と言ったように、既に損失が大きくなっていたとしてもなかなか決済できないというのが人の心理です。
損きりを行う時のコツとしては、客観的に判断して取引を行うことです。
それが難しいのであれば、FXを知っている方に第三者として話をして、どうすればいいのか聞いてみると良いでしょう。
これを繰り返していると、第三者目線で取引ができるようになり、損きりのタイミングも掴めるようになります。