始めるには何が必要?FXのメリットチャートの見方FXの仕組み

FXで損失のほうが大きくても確定申告は必要?


FXをしていると、なかなかうまく利益が出せなくて結果的に損失が大きくなってしまうこともあります。
利益になった場合には、確定申告しなければならないということは分かっていても、損失になった場合にはどのように確定申告をすればいいのか分からないと言う方は意外に多くいます。
そもそも、損失のほうが大きいにもかかわらず、確定申告をする必要性があるのでしょうか。

●FXの損失が大きいのに確定申告をする必要はある?

結論から言いますと、FXで損失を出してしまった場合でもその損失を確定申告しておく必要があります。
その理由は、確定申告をしておくことにより、翌年以降3年間に利益が出た時に控除できるようになるからです。
つまり、確定申告をしておくことにより、今後利益が伸び始めたとしても、損失をした分を差し引いて計算されると言うことになりますので、その分税金が安くなるのです。
では、FXで損失を出してしまった時の確定申告の書き方を紹介したいと思います。

●損失が大きい時の確定申告の書き方

確定申告というと、手書きで書くイメージを持っている方も多くいるのですが、現在ではインターネット上で確定申告書を作ることができます。
では、インターネット上で確定申告書を作成する手順を紹介していきましょう。

①国税庁の確定申告書作成コーナーにアクセスする
国税庁の確定申告書作成コーナーにアクセスして、その年度に合った申告書をクリックしてください。
そうすると、申告書をネット上で作成できるページに行けます。

②申告書を作成する
申告書の作成をする時には、必要事項に記入したりクリックすることにより、申告書を作ることができます。
インターネット上で作成できるのですが、クリックするところを間違ってしまったり、正しく入力できているのかを必ず確認した上で進めていきましょう。
記入するべきことは多くありますので、ある程度時間がある時に手続きをすることをお勧めします。